エンディングノートと遺言の違いと書き方

生前整理の代表とも言えるエンディングノートですが、遺言との違いや何を書けば良いのか悩んでしまう方は多い様です。
そこで今回は遺言とエンディングノートの違いをまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

まず遺言は遺産分割などの自分の死後の事を堅苦しく記載する必要がありますが、エンディングノートは死後だけでなく、介護についてなどの亡くなるまでのことも事細かに、本当の自分の言葉で気軽に記載しておけるのが特徴です。
1つ気をつけておくこととして覚えておいて欲しいのが、遺言には法的効力がありますがエンディングノートには法的効力が生じないため、本当に大切なことに関しては遺言書に記載しておく事が必要ということでしょう。

また遺言は形式を守らなければ無効になってしまう可能性もありますが、エンディングノートには書き方に関しての特別なルールはなく、好きなように書けるところから気軽に書いてもらえます。

遺品整理でお困りはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事