酸性とアルカリ性は使いわけよう

掃除を行うときには、その場所や素材に合う洗剤を選んで使用することが大切ですが、場所に適していない洗剤を選んでしまうと、素材が破損する原因になったり、汚れも上手に落とせませんから、今回はアルカリ性と酸性の洗剤の違いについてご紹介いたします。

酸性は酸っぱさなどがある物質であり、アルカリ性は灰汁のように苦い物質で、日常生活の食べ物などの中にも酸性やアルカリ性は数多く存在します。

掃除では、酸性の汚れに対してアルカリ性洗剤を使用し、アルカリ性の汚れには酸性洗剤を使って中和することで汚れを綺麗に取り除くことができるのです。

キッチンで見られる油汚れやお風呂の手垢は酸性の汚れであり、水垢やトイレの汚れはアルカリ性の汚れですから、上手に使い分けて掃除を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事