デジタル遺品、そのまま放置していると…

現代では特に誰もが持っているデジタル製品がデジタル遺品として残ってしまうことが考えられますので対策しておくことが大切ですよ。

ネットを利用してお金を保管しているという人や、SNSやゲームアカウントを所持している人、画像フォルダに保存した趣味の画像や動画などのデータもデジタル遺品として残るのです。

デジタル遺品は家族に見てもらいたい物や経済的な価値がある物の他に、誰にも見られたくない物まで含まれていますので、あらかじめ生前整理を行っていないと死後に恥ずかしいことになってしまいますよ。

ネットで金融取引を行っていたり、有料のサービスに登録している場合には、家族に知らせていないと膨大な損害が発生してしまうことも考えられますので、生きているうちに家族に知らせておくか、エンディングノートに書いておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事