遺品整理の形見分けにもマナーがある?

故人の遺品は残された親族で形見分けを行う事になりますが、遺族間でのトラブルを避けるためにはマナーについて知っておきましょう。

形見分けとは故人の遺品を親族や故人と親しかった人へ贈る事であり、形見を受け取る側が喜ぶものを贈る事が大切ですから、故人が所有していた遺品の中から思い出の品や愛用品などの形見を贈るのが一般的ですよ。

衣類や家具、書籍や実用品、装飾品や故人が蒐集していたコレクションなどを贈るのがオススメですが、高価な物は贈与税が発生する事が考えられるため避けた方が良いでしょう。

形見分けはプレゼントではありませんので、遺品は包装しないで贈るのがマナーですよ。

目上の人には形見分けはしないのが基本ですが、目上の人自ら希望があった時のみ形見を贈ると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る